このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 不動産相場を知る事から始める不動産を売却する時の流れ

不動産相場を知る事から始める不動産を売却する時の流れ

101view

2018.01.22

まずは不動産相場を知る事から

家を売りたい時は大きな取引となるため、納得できる価格で売りたいものです。なるべく高く売るためには、不動産相場を知っておくとある程度の目安を把握していることが重要です。

不動産相場を知りたい時に便利なのが、国土交通省のWEBサイトにある土地総合情報システムです。土地総合情報システムでは不動産取引価格情報検索を用意しており、時期や種類、地域など簡単に検索する事が可能です。

取引総額で比較

検索結果では所在地、最寄り駅からの距離、取引総額など様々な情報が分かります。似たような不動産を探し、取引総額で比較すると不動産相場が分かりやすいです。

都市部なら比較対象となる不動産が多いですが、地方だと少ない事があります。比較対象が少な過ぎる時は不動産相場が分かり難くなるために注意して下さい。

不動産会社を探して仲介して貰う

不動産会社を探す

ある程度の不動産相場が分かったら不動産会社を探して依頼します。大きな取引となるため、信頼できる不動産会社を探して下さい。

不動産会社検索サイトがあるため、自宅に居ながら不動産会社探しが行えます。

不動産会社に査定を依頼する

信頼できる不動産会社が見つかり次第、家の査定を依頼します。不動産会社が家の査定を行う時には取引事例比較法という評価方法を用いる事が多くなっており、売りたい不動産と似ている不動産の取引事例を探して比較しています。

近隣にある取引事例を探し、売却するのを急いだ不動産、投機に利用された不動産は比較対象から外して精度を高めている評価方法です。また、不動産会社によって査定額が変わるため、高く売る時は複数の不動産会社の査定を比較するのがおすすめです。

不動産会社に仲介を依頼する

納得できる査定が受けられた不動産会社、信頼できると感じた不動産会社に仲介を依頼し、媒介契約を結びます。

媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約とあります。それぞれ特徴が違うため、売主に合った媒介契約を選んで結ぶ事が大切です。

家を売りに出す

売主から仲介を依頼された不動産会社は不動産を売りに出し、不動産会社の査定額、売主の希望額などを元に売り出し価格を設定し、売却活動を開始します。売却活動はWEBサイトや新聞折り込みチラシへの掲載、レインズへの登録など様々です。不動産会社の売却活動によっては早く売却できる事もあります。

買主が見つかったら

不動産会社の売却活動により、買主が見つかり次第、価格などの交渉を行います。無理な価格で交渉すると取引成立まで長引いてしまいますので、お互い納得できる価格で交渉する事が大切です。

家に瑕疵がある場合は買主に正直に伝えて下さい。

売買契約を結ぶ

買主と売主お互いに納得できたら売買契約を結びます。内容を良く確認してから売買契約を結んで下さい。

売買契約を結ぶ時には手付金の受け取りができる事が多く、手付金には解約手付、違約手付、証約手付とあります。家の売買契約では解約手付となる事が多くなっています。解約手付には契約を解除したい時の保証金のような役割があります。

買主が契約解除した時は売主に支払した手付金は没収となり、売主が契約解除した時は受け取りした手付金を倍にして買主に支払う必要があります。

手付金は売却代金の5%から10%ほどが一般的です。

また、不動産会社には仲介手数料を支払します。不動産会社は取引成立した時に仲介手数料の請求ができるようになります。契約解除した時には戻ってくるのかどうかは、事前に確認して下さい。

家を引き渡す

売買契約が成立したら売却代金を受け取りし、家を引き渡します。家を引き渡す際には抵当権抹消、所有権の移転などの手続きが必要です。引き渡した後には税金の申告も必要となります。税金を納める事を忘れると無申告加算税、延滞税が発生する恐れがあるために注意しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る